2017.7.21-22 JapanBluesFestival in 青森詳細決定

2017.7.21-22のJapanBluesFestival in 青森の詳細が決定したようです。
本年は、関東からは”モンスター大陸”がでています。あとは中央線沿線のBluesLive
でよく見かける方々のバンドも。以下でご覧下さい。(モンスター Drが昨年から女性になったんですね)

http://aomori-jbf.com/

最近みてなかったら、ずいぶん変わりましたね、モンスター大陸。期待しています。

http://www.worldapart.co.jp/monstertairiku/

Bluesファンでしたら、ぜひブルースの街あおもり推進協議会のサイトをみてサポーターになって下さい。 Ain’tNothingはJBFに協賛して、サポーターを今年もやります。

カテゴリー: 音楽 | タグ: | コメントをどうぞ

2017.5.14 第三回鎌倉プチロックフェスティバル

鎌倉へは10:30到着、江ノ電で二駅で由比ガ浜へ、駅から浜の手間の歩道にでてしまったが、以前BaffaloRecordのダグが夏に浜辺でフリーLiveをやった事があって、あの時はちゃんと土嚢をつんで、防音壁つくって、ステージとかライティングもちゃんとしていたなーと思い出したりして、歩道にそって鎌倉から真直ぐきている団葛(だんかずら)一の鳥居の先の辺りへ来ると、そこの角の公園で売店とかステージ、旗とか準備が進んでいる。会場一巡して、主催者テントでは責任者のラムの店長ケンさんがLiveが行われる6つのテントのタイムキーパー兼担当者へブリーフィングしている。売店も準備の最中だったが、スパムにぎりで小腹を満たしてた。しかし、びっくりは案内にも書いてあった”トンビがあなたのご飯を狙っています”がマジで本当で上空にかなりな数のトンビが飛来して、突然急降下して食べ物を取ったりしている。後から聞いた話では、鎌倉丼(お昼にしました)の店の方は丼のメインであるエビを取られたと!(お昼以降はカラス軍団が海側の電線に控えていた)いやはや、自然は弱肉強食なのです。 当日は風もあって、浜には白波が、おかげでサーファーが多数。公園の地下に駐車場があるようで、ウエットスーツきてボードをもった人達も公園の中を歩いている。
個人的な話しだが、主催者テントの横に、上郷・瀬上の自然を守る会のプレゼンを見つけ、これ、私の中高の学校の前の
http://segamizawa.blog54.fc2.com/blog-entry-369.html
山と遺跡が壊されるのでないのとびっくりして、署名して、カンパもしてきた。こういう方向性は鎌倉ならでは。(戸塚でも残り少ない円海山のまわりの自然と残しましょう!)
会場の公園にはAからFの6つのテントがあり、その場所を中心にLiveが展開される。 https://www.kprf.jp/ (ここで会場地図とScheduleを見てください)
公園の丘(土をつんだものなのでしょうけど)を中心にEFDのテントがあり、Fはアコスティックピアノがあって、Finalのムーニーさんは当然ここ。Dは丘の上でまわりが見渡せる。あとのABCのテントは丘の反対側の原っぱ。演者が4人も入ったら一杯なのでDuoくらいまでは中でやってる場合も多かったけど、少ない場合、みなテントからでてお客に近づいて演奏してた。これだけ近くで見れる野外Liveは初めて。
最初に聞いたのがCテントでの小坪シロー、ギター弾いて演歌っぽい唄をやっていたけど、やはり小坪?とあるだけあって、地元のファンが聞いている。そこからAテントへ移動、BigShipBand。大船から来たのでこの名前になったとのこと、AikoAikoやっててよかったのですが、二曲目からちょっとカントリーっぽくなったので、移動。朝から、カンカン帽とか、ドブロとか置いてあってめだってたBテントのIto Kotaro&His Band,お客さんまでテントの中にぎっしり入って座って聞いてるので、近づけない

ので音だけ聞いて移動。Saxとかまで入ってスタイルも音もおもしろそうだった。Eのcittaは楽器の構成が一番変わってたバンドで、アフリカの楽器のコラ?を中心にギター、Perc等5人くらいでやってる。楽器のKoraについての紹介が以下にある。http://www.lesoiseaux.co.jp/kora/  、あれは4年前に見たコラだと思うのですが、こういうバンドおもしろい。唄の言葉がわからないけど、音とリズムでお客と対している。そのまま、Fまで行ってしまって、麻はか。
名前と違い、音はまじめ、ピアノが入るDuoのゴスペルとかまでやってた記憶がある、唄もピアノも良かった。介護施設の方々が作ったグループと言ってた。その後、ツキノヤドズ、鎌倉駅の西口近くのお宿”月の宿”のバンドとのことで、かっこがコスプレしてて、月光仮面は今日は来ないと言ってましたが、なかなか存在をアピールしてた。そこから丘の上のDテントを見上げる所へ回り込んだら、”まつたけ”っていうDuoの名前は知らなかったが、よく見れば主催者のケンさんがいる。二人の名前をくっつけたらしい、さすがStonesFreakでLovingCupをやって、その後”いいことばかりはありゃしない”。それを聞きながら、移動してAへ戻り、SkydogDeepRiverBand, ドブロはSlideやってるしBluesだと思ったら、やはりDoneSomebodyWrongなんかやってる。BluesHarpがかなり良い。Slideは残念ながら風で音が流れてよくきこえない。野外はストロークと歌でやったほうがよいということのようだ。お昼すぎたのでFへ戻ろうとしたら、EのテントはRose、やはり名前通りソロなので、”Me&BobbyMaggie”をギター弾きながら、テントの外で歌ってる、自由ってことは失うものが何もないことさ!中川五郎さんの訳はいつもながら良い。Fへ移動すると、前のバンドが早めに終わったらしくソロの吉村瞳が準備して、予定より早めに唄いだした。

お客は歌姫の声にひかれた集まってくる。空にはトンビが!曲はBlueBird,クリアな声がお客さんへ届いている。最後にはBluesまで飛び出した。お客さんの中にはよく一緒にLiveをやってる日暮士さんもそのあとのFに入ってるので見ている。いい雰囲気だ。 終わって、中央のDテントのまわりに凄い人だかり、ソロの大庭珍太の熱演が終りにかかっている、短い時間にもかかわらず、お客をひきつける凄さはびっくり、最後はギターどころではなく、”穴” のお客とのCall&Response, これを最後にもってこられたら、どこでも盛り上がりは確実。私はバンドでBassを弾いてる彼しかみたことがなかったので、余りの凄さにあてられた。このおかげでちょっとお休みして昼食、鎌倉丼のお店へ(朝から狙ってた)なんともうYoutubeに上がってる 笑 https://www.youtube.com/watch?v=oZAfbH3E7yQ トンビに注意しながら、テントが開いてたので賞味させていただきました。

その後2時すぎからのFテントでの日暮士歳朗へ。驚いたのは、ピアノに太鼓がいたこと(この方々はFテント、次ぎのキムとハロルドだったのです)、その上、
ピアニスト・キムとはニヒルブラザースの木村さんでした。(ひさしぶりに彼のファンキーなKeyでなく、初めてのピアノを聞いて嬉しかった、やはりファンキーでした)
音がデカイ、リズム隊をバックにTrioの日暮士さん、ちゃんとJesus On a Main Lineとかもやって、終りにGodBlessYouAll! ステージが終わって外人が良かったと
言いにきたくらいでした。のっぺらぼうもやったし。 とはいえ、途中AテントのHotel Congressも始まり、ちょっと抜けてむこうへ、Little Marthaを
やってた。Gx3、Dr、ここのslideは今回も変わったアコスティックSlideを弾いていた。G/Voの声もいい。でも一曲でまたFテントへ。
日暮士さんが終り、太鼓のハロルドがDrとなり、Drセットの下に板を引いて固定したり、風がかなりあるので、楽譜がとばないように準義とか見てた。
一曲目からAikoで、ピアノを弾かずに、お客さんの中に入ってソウルクラッピンとか、唄をやっちゃつキムさん、さすが。このDuoこの日では最高だった。
ステージ後ろからはラストにここでやるMooneyさんがいたりした。

しかし私の時間はここまで、翌日が月曜日ということもあり、ここで失礼して鎌倉駅へ歩き。ちゃんと食べたゴミは買ったとこに返したし、
飲み物のボトルはまだもってるし、ゴミもちゃんとちゃんとの一日Liveでした。また来年見たいです。

カテゴリー: 音楽 | タグ: | 6件のコメント

ゴトウゆうぞう・新譜”ボクらは、ファミリー!”発売記念ツアー2017.6-9月

JBCのアンコール オールスターOnStage

最後にJhonnyWinterを日比谷野外音楽堂でみたJapanBluesFestival(2012.5.27)以降、日本でOne&OnlyのBlues司会者:ゴトウゆうぞうを東京ではBluesFestで見ることがなくなってしまいましたが、ソロとしての活動は行われていて、ちゃんと私の弟の所へはツアーとかLiveのハガキの案内が来ています。
いつもながら、味があるハガキで、ちょっとニコっとしてしまいます。

今回のツアーは新譜”ボクらは、ファミリー”の発売(P-Vineからです)、6月2日、のプロモーションのためのようですが、
東京は 6月17日(土曜) 高円寺次郎吉 しかないので、お近くの方、ゴトウさんのFanの方はぜひご覧下さい。
他は6月10日(土曜)京都・拾得 (毎月10日はかならずここで、ゴトウゆうぞうLiveがあります。7月は100回記念のようです)
7月23日(日曜)大阪・塚本・Howlin’Bar
9月9日(土曜)徳島 Music Bar Ricky

ジミクリ3年ボブ8年、スラロビすんだらその先に、菊水丸さんがまっていた!

このゴトウさん宣伝文句いいです。

ゴトウゆうぞう のHPです  こちらもご覧下さい
https://wanikuma.jimdo.com/

##写真は日比谷での最後のJapanBluesCarnivalでのジョニーのアンコール、ゴトウさんは右奥で、サンシンを弾いています。
ゴトウバンドのギター、マキさんもジョニーの隣にいます。  しかし、ゴトウ/マキのDuo司会よかったです。

カテゴリー: 音楽 | タグ: | 2件のコメント

2017.6.3:Gregg Allmanの葬儀予定

Gregg Allmanの葬儀は6月3日午後一時よりメーコン,ジョージアにて行われます。ご家族はファンにRose CemeteryMaconへ至る葬儀の行列のルートに沿って参列する
ように呼びかけています。 (GreggのHPにすでにアップされています)

https://www.greggallman.com/funeral-arrangements-for-gregg/

またGreggは、DuaneとOaklyの隣に眠る。(葬儀は100名以下の小さなものになるようで、スーツは禁でジーンズで参列するようにマネージャー/Michael Lehmanは言っています)

https://www.relix.com/news/detail/gregg_allman_will_be_buried_next_to_duane_allman_and_berry_oakley_in_private_ceremony

カテゴリー: 音楽 | タグ: | コメントをどうぞ

R.I.P. Gregg Allman(1947.11.8-2017.5.27)

こちらでも、今年のツアーキャンセルの話もアップしていましたが、やはりGreggの体調はよくなかったようで、ジョージア州、サバナの自宅で27日亡くなられたとのNewsが入りました。
http://www.greggallman.com/with-deep-sadness-we-announce-the-passing-of-gregg-allman/

以下のオールマンBroのサイトですが、Greggのサイトと同じ文面がでています。
しかし NewsのGreggの前になくなったCol.Bruceの文面に、Duane、Butch達によろしくと書いてあったのがさらに寂しく感じます。
http://allmanbrothersband.com/

こちらでは、中止になったMidnightRiderの話とか、あの時ペニーレインで の話し等々書いている

https://news.yahoo.co.jp/byline/saruwatariyuki/20170529-00071448/

彼のソロのLiveは残念ながら見れなかったのですが、せめても来日したAllmanBroが二回みれただけでも
良かったと思います。偉大なVo/Key ブルースアーチストのご冥福をお祈り致します。

カテゴリー: 音楽 | タグ: | コメントをどうぞ

2017.4.14&16:HarmonicaCreams,京橋&横浜大道芸

ちょっとアップするのが遅れてしまいました。すみません。昨日の第三回鎌倉プチロックFestの話しも早く書かなくては。

1)2017.4.15&16に横浜大道芸があり、16日の日曜に出演芸人の予定をみて、HarmonicaCreams(ハモクリ)が大道芸人とコラボをするというので聞いて、見に行ってきました。14:00の回をみようと30分前から昔の貨物橋を渡ったとこの運河パーク(ワールドポーターズの前)のスペースについて幸い最前列のステージ向って左側にすわり、暖かな日の中、ウトウトしていると、大道芸人さん達が、いろいろ芸を披露してお客さんを集め始めた。ピエロに、西洋竹馬(スティルトというらしい:2003だったかのドームのポールマッカートニーのLiveの始まる前にこれが会場を歩き回って凄かった)、綱渡り、一輪車などなど。
http://daidogei.jp/event/yokohama2017/mm

横浜大道芸Festにて

そしてハモクリ3人+(Dr/渡辺庸介)が登場。曲にあわせて大道芸人が演じる。ピエロが演じるとき、そしてお客さんの子供に風船で人形を作ってあげたりしたときはGだけだったり、バンドだったり、綱渡りの時には時間もかかるから途中はファズをきかせたヴァイオリンが演奏を続ける。ポールダンスの時はバンドの演奏とマッチしてよかった。曲調をあわせて、西洋竹馬が歩いたり、一輪車が走ったり、このコラボはすばらしいものだったと思う。

横浜大道芸Festにて

お客さんも老若男女、子供さん達もいて楽しんでいた、こういうのが海外のお祭り、サーカスの雰囲気なのかもと感じた。やはりアンプを通して聴くこのバンド、Drが入ってこれだけ凄いのだから、Keyまで入ってやってるLiveを見てみたくなってきた。これからの課題とします。

ケルトxブルース バンドのハーモニカクリームのサイト
http://harmonicacreams.com/#music

このLive予定にいつもなら横浜・野毛(桜木町):横浜市中区野毛町2−78のBarでのLiveが入っていました。
行こうと思っていますが、なかなか時間があわなくて、その上・今月は入っていない。(毎月みてチェックしましょう)
この連休の最終日7日に日本TVの夕方のNewsで紹介していた野毛のサーカス用具専門店
をみて 前述の横浜大道芸でのSpecialLiveをみた HarmonicaCreamsを思い出した。ここに出演しているのです。

やはり日テレ、すでに途中下車の旅でこの専門店を紹介していて、それを再度紹介したわけです。http://www.ntv.co.jp/burari/contents/detail_268158.html
横浜・野毛のサーカス用具専門店の紹介(お店の写真つき)
http://hamarepo.com/story.php?story_id=363

その専門店のサイト
むごんげきカンパニー (サーカス・ジャグリング用品)
http://www.mugongeki.com/

2)続き/この4.16の前にもハモクリが京橋エドグランのLiveクロッシングでフリーLiveをやるというので、会社から近いこともあり、18:00の回(2ndは19:00)を見に行った。この時も4人、17:40くらいについたら、サウンドチェックで地下から階段状の席に向って音がでていて、ステージのある地下より一階のエレベーターホールの方がよく聞こえていた。

京橋エドグランにて

最前列が開いていて、ざぶとんもあり、すわって鑑賞。先日聞いたOpeningの曲から始まり、ヴァイオリンが唄う曲もあり(曲名がCDもってるのに不勉強でよくわからない、すみません)30分やって一回目は終わった。
ちょっと風があって、寒かったけれど、十分に熱い演奏だった。 やはりこのバンドはHarmonicaもヴァイオリンも、Gも凄い。昨年みた時はアンプラグドだったけれど、今回はアンプリファイド、これは強力!

京橋エドグランにて

このバンドがクリムゾンっぽいインストやると本当にぞくっとします。最近大好きなバンドです。

カテゴリー: 音楽 | タグ: , , | コメントをどうぞ

2017.5.14:鎌倉プチロックフェスティヴァル開催!

こちらでの紹介が遅れてしまいました。私もすでに協賛しています。 どうやらこの週末の天候がもちそうなので、屋外でのフリーLiveFest.にいかない手はないかと思います。内容をみて興味がある方はぜひ!以下は実行委員会からです:

鎌倉プチロックフェスティバルVol.3は
2017年5月14日の日曜日。場所はいつもの由比ガ浜海浜公園です。

去年はお天気も良く、たくさんの方々に遊びに来ていただいて大盛況でしたが、今年も実行委員会一同さらに盛り上げていきたいと思っております。

鎌倉プチロックフェスティバルはイベントの全てを皆様のご協賛で運営してますので、今年もスポンサー、サポーター(個人支援者)を大募集しております。
スポンサーにはイベントでの出店権がついています。協賛金は決して安い値段では無いと思いますが、ご自身のお店や、新しくオープンしたお店、分かりにくい場所のお店でも、当日は芝生の上でお店の味や、物、雰囲気を沢山の人に直接紹介することができます。直接お客様とお話しして、お店の紹介をすることはFacebookや置いてある名刺だけでは成し得ない宣伝効果がきっとあるはずです。これから長いお付き合いになるお客様に出会えるチャンスを、このイベントを利用して掴んでいただければと思います。

そのためにも実行委員会一同、全力でイベントを盛り上げていきます!また実行委員会では、当日お手伝いをしてくれるスタッフも同時に募集しております。
興味のある方や、詳細を知りたい方は、フェイスブックのメッセージまでご連絡お願い致します!

KPRF実行委員会

http://www.kprf.jp/index.html

出演者:
Mooney
長洲辰三
日倉士歳朗
Hotch
大庭珍太
shy
加藤喜一
東京ローカル・ホンク
キム&ハロルド
Rose
サバサンド
麻はか
まったけ
coby
Hotel Congress
さとうさちこ
ソーセージ
Ito Kotaro & His Band
井上公平
tinpei
大久保理
MOtSSAN&森ちゃん
citta
GATZ 中沢ノブヨシ
Vakeneco
本夛マキ
moqmoq
髭SOUL
吉村瞳
Big Ship Band
雅紀与
小坪シロー
パニオロメン

寄付集めとか、準備から苦労されている実行委員会に敬意を表します。頑張って下さい。

カテゴリー: 音楽 | タグ: | コメントをどうぞ