2017.03:Gregg Allman 2017ツアーを中止に

グレッグオールマンは1月にキャンセルされたメーコン,グランドオペラハウスのLiveの新なた予定だった6月2,3,5及び6日のLiveをキャンセルすると発表しました。理由は述べられていません。また本年度(2017年度)のツアーはすべてキャンセルで、払い戻しを行うとAllmanBroのサイトで発表しています。

The Telegraph, メーコンの報道を参照して下さい。

http://www.macon.com/news/local/article138234583.html

昨年の8月にAllmanのツアーのキャンセルを報じた The Telegraph
http://www.macon.com/news/local/article94029127.html

2006年にC型肝炎も患っていたのは以前にもこちらで書きましたが、やはりそれが尾を引いているのでしょうか?
早い回復をお祈りしております。

http://www.emporiumpresents.com/
Promoterのサイトに(下の方ですが)グレッグのショーのキャンセルがでています。
(このおかげでアレサフランクリンの キャンセルされたショーの代わりの新たな予定が入っているのがわかりました。)

オールマンBroのサイトもご覧下さい。
http://allmanbrothersband.com/

Greggのサイトもご覧下さい。
http://www.greggallman.com/news/

カテゴリー: 音楽 | タグ: | コメントをどうぞ

マサ小浜:2017GrammyコンテンポラリーBluesアルバム入賞!

2月13日の夕刊の日経だけでグラミー受賞で、日本人としてピアニストの内田さん以外に マサ小浜さんを上げていました。
(日経 ちゃんとBluesアルバムで日本人が参加したとして書いていました。 えらい!)

Grammy:Contemporary Blues Album入賞!

Fantastic Negrito/The Last Days Of Oakland
(P-Vineからでてました、ジャケは覚えていました。やはりGは彼がメインだったようですね。)
http://p-vine.jp/music/pcd-24547

マサ小浜さんのHP
http://masakohama.com/job.html

91年からLAにいらして、むこうのGospelChurchの専属Gで頑張っていたようです。
1月に横浜の関内はParadiseCafeにでていたのですね、これからチェックして
みるようにしましょう。 2月7日は20周年記念でBluesAlleyでやってた。

Fantastic Negritoも紹介しておきます。 かなりHPをみると過激なメッセージがとびかっています。
生活でも音楽業界でも苦労し、交通事故で大変な事になったのですが、復活し、子供さんが生まれて
から活動をまた始めたようです。 こういう方のLiveを見てみたいです。
http://www.fantasticnegrito.com/

追加情報:グラミー、ノミニーと入賞者(BluesはNo.49、50と見つけるまでが大変でした)

49.Best Traditional Blues Album

入賞:Porcupine Meat
Bobby Rush
Label: Rounder Records

Can’t Shake This Feeling
Lurrie Bell
Label: Delmark Records

Live At The Greek Theatre
Joe Bonamassa
Label: J&R Adventures

Blues & Ballads (A Folksinger’s Songbook: Volumes I & II)
Luther Dickinson
Label: New West Records

The Soul Of Jimmie Rodgers
Vasti Jackson
Label: VJM

50.Best Contemporary Blues Album

入賞:The Last Days Of Oakland
Fantastic Negrito
Label: Believe Global/Blackball Universe

Love Wins Again
Janiva Magness
Label: Blue Élan Records

Bloodline
Kenny Neal
Label: Cleopatra Blues

Give It Back To You
The Record Company
Label: Concord Records

Everybody Wants A Piece
Joe Louis Walker
Label: Provogue

カテゴリー: 音楽 | タグ: | コメントをどうぞ

Layla:パティ・ボイドの写真展/2017.3.29-5.14,東京

:あのパティの写真展

日本にくるまで約10年かかった写真展みたいです。

パティボイド写真展
3.29-5.14:リコーイメージングsクエア銀座ギャラリーA.W.P. 11-19(火休み)
モノクロ/カラー
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/community/squareginza/
3.29-4.28:ギャラリーE&M西麻布(モノクローム版) 12-18(日、月休み)
http://www.takeuchi-studio.jp/gallery_em/schedule.html

3.29は秘蔵FilmとパティーのTalkショー
なんと学士会館(201号ホール)<-時代を考えるよい場所をえらんでいます。
1)Afternoon 13-15 軽食&ソフトドリンク付 1万円
2)Late Aftenoon 17-19 パーティーフード&ドリンク (5000相当のグッズ付)
1万5千円
1)2)はSoldOut

https://www.i-bcc.jp/pattie/

http://www.pattie.club/

しかし、Film興味ありますね。 ポスターみると当時から一眼で撮影してたのかな、
と関心もてます。モノクロて写真展やる度胸もかいますけど。
銀座でみますか。 しかしこれって個人的な守秘義務とかないのでしょうかね。
ジョージはなくなっているわけですが、エリックはまだやってるし。
しかしこの方もジョージ,ロンウッド,クラプトン等々大変な方だったようですね。生活も凄かったんでしょう。
いやはや。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%83%89

カテゴリー: 音楽 | タグ: | コメントをどうぞ

シカゴII(シカゴと23の誓い)-スティーヴン・ウィルソン・リミックス発売に

シカゴIIは1970年に2枚組みのLPで発売されました。当時のCBSソニーはNewRockとかこのブラスRockとしてBS&Tを押しており、また当時のベトナム戦争を背景とする若者のカウンターカルチャーとしてのWookStock(1969)Festival等の動きとも連動して、BS&Tがちょっと年上向きだったのに対し、若い世代に対してシカゴはその主張をぶつけました。今ではCD一枚で安く買える様になったのですが、音のリマスターが待望されていました。

terry-kath2
この1月31日は故テリーキャス(G)の誕生日でしたが、その日にあわせたのか、英国のミュジシャンでプロデューサーのSteven WilsonがStereoリミックスしたシカゴIIが発表なりました。ハイレソルーションの96K/24bitで転換された音は、楽器の音の分離、リバーブからその他の効果、Vo,楽器の音の大きさ等々より変化し、鮮明となって蘇ったとのこと。
In the country, It better end soonのテリーキャスの唄がどう聞こえるのか期待していますし、ヒットしたMake Me Smileを含む組曲、そして24 or 6 to 4 のピーターセトラの唄、そしてバンドとしてのグルーブに期待して、この新ミックスのIIを買おうと思っています。

terry-kath1

個人的にはLAの友人が送ってくれたシカゴ、カーネギーホールの4枚組みのBoxLiveが一番印象的ではあったのですが、やはりラジオで一番聞いたこのIIが今でも、あの頃へ戻してくれます。(進駐軍ラジオのFENで夜の8時に始まるウルフマンジャックショー等で24とかがかかる、あの最初のスリル!
メンバーは:Robert Lamm(Key,Vo), Lee Loughnane(trumpet),Walter Parazaider(saxophone), James Pankow(tronbone)
Terry Kath(G, Vo), Peter Cetera(B, Vo), Danny Seraphine(Dr)

この頃のシカゴは1978年のテリーキャスの死によって、なくなってしまい、変わっていきました。私はシカゴはビルチャンプリンがいた頃武道館で一度見ただけでした。テリーキャスの存在は大きかったのです。
http://www.terrykath.com/ このテリーのサイトはぜひご覧下さい。 38歳で亡くなったときの2歳だった娘さんが、”テリーを探して”というタイトルでファンドを募って、テリーキャスの映画をテリーキャス・エクスペリエンスとして作成してアップされています。
(この話しは以前こちらのBlogでも書きました)

今でも最初の来日の頃のシカゴはYoutubeでみれます。


こんな1時間以上に渡る映像を撮っていたのですね。 1972年6月8日の武道館です。

前年GrandFunkRailroadが後楽園の嵐の中で演奏して、すぐZEPが続き海外Rockの波が押し寄せて翌年カゴも来日、東京12チャンネルはRockExplosionシリーズでこの時のシカゴを録画中継していました。当然みましたが、お客さんの騒ぎが凄すぎて、マイクの音が荒れていたのを覚えています。
ぜひあの時の音と映像を見てみてください。 それを見て、70年代に感じた何かをみつけたら、ChicagoIIを買っても遅くないと思います。

Amazonでみると3月1日発売で予約受付中です。シカゴIIスティーヴン・ウィルソン・リミックスで検索して下さい。Rhinoの2017年1月版もあるので注意です。

カテゴリー: 音楽 | タグ: | コメントをどうぞ

ROB STONE THE BLUES SHOW JAPAN LIVE 2017.2.24-26

先週末Liveをみたブロウハープ永田さんにお伺いしました。
ROB STONEの来日公演の詳細です。彼のサイトでは
http://www.robstone.com/ 24-26となっていますが。 ルースターは違うし、ブライトブラウンは28日が空いていますが
日が違うし、横浜ストーミーマンデーは25日が入ってないけど、まだわからないし。。。
やはり、1日だけのライブのようです。(彼のサイトもこの1日以外TBAになってる、気になる方は探してくださいませ) しかし、以下の紹介にもありますが、私も彼のLiveみて、その後、あのマーチンスコセッシのBluesMovie/シカゴBluesFestivalのでロブストーンが黒人バンドでHarp吹いてるのをみて、もしかしてあれあなた?とメールで聞いたら、あれ俺だ!というのでびっくりした記憶があります。

撮影:フジヤマ

撮影:フジヤマ

ROB STONE THE BLUES SHOW JAPAN LIVE 2017

2017.2.24
Maplehouse Jazz&Blues
〒153-0053 東京都 目黒区3-18-7 第二飯島ビル B1
http://www.maplehouse.jp/

撮影:フジヤマ

撮影:フジヤマ

Rob Stone (Vo, harp)
小出斉(g)
加藤エレナ(p)
江口 弘史(b)
岡地曙裕(d)

open 19:00 start 20:00
mc 前売り\3500 当日\4000

MUDDY WATERS BANDのハーモニカプレイヤーJERRY PORTNOYに学びSAM LAYのバンドに
加入、一躍その名を知らしめる。その後、ROB STONE & C-NOTESとしてB.B KING、
SHERYL CROW、 ROBERT CRAY、 ETTA JAMESのオープニングを努め、JIMMY ROGERS、
JODY WILLIAMS、DAVID MYERS、KOKO TAYLOR、WILLIE KENT、PINETOP PERKINS等多数
のブルースの巨人の作品にクレジットされている。
アルバム『BACK AROUND HERE』はブルースアルバムトップ50にランクインし、力強い
確固たるプレイは、マーティン・スコセッシ監督の映画でも取り上げられるなど、活
躍の幅を広げている。
1公演のみの今回、是非お見逃しなく!

撮影:フジヤマ

撮影:フジヤマ

===========
Blues写真館にも彼は登場していて:
2008年8月
http://www5a.biglobe.ne.jp/~detectiv/robstone08.htm

2010年8月&9月
http://www5a.biglobe.ne.jp/~detectiv/rs10top.htm この写真はフジヤマさんから提供してもらっています。こちらにはっている写真は全部こちらから取っています。

 

カテゴリー: 音楽 | タグ: | 5件のコメント

2017.1.24: Butch Trucks, R.I.P.

Allman Brothers Bandのドラマー、Butch Trucks が1月24日フロリダで亡くなられました。69歳でした。
アメリカのバンドで一番よく聞いたのはこのバンドのフィルモアのLiveでしたので、本当に何か大きなものを失いつつあるような気がします。甥っ子にDrekとDuane、ギタリストにドラマー、お二人とも有名なバンドで活躍されていますから、むこうへいかれても見守っていらっしゃるでしょう。 偉大なドラマーのご冥福をお祈り致します。 合掌

170125_2butch-trucks

Allman Bro.のBig House Museumのサイトでも訃報がでています、ご覧下さい。

http://www.thebighousemuseum.com/show-on-homepage/rest-peace-butch-trucks/

AllmanのFanクラブのメールでも以下が伝えられました。

Hey there sweet family,

With heavy hearts we have some sad news to share.

————————

Butch Trucks, a founding member of The Allman Brothers Band, tragically
died the night of January 24 in West Palm Beach, Florida. His wife, four
children, four grandchildren and all of the Allman Brothers Band, their
families and Road Crew survive Butch. The Trucks and Allman Brothers
Band families request all of Butch’s friends and fans to please respect
our privacy at this time of sadness for our loss. Butch will play on in our
hearts forever.

Donations and remembrances in Butch’s name may be made to The Big
House Museum in Macon, Georgia. http://www.thebighousemuseum.com

————————

Butch loved you, the fans, and was the one who got us started doing Hittin’
The Web with the Allman Brothers Band way back in 1995. To say he will be
missed is a massive understatement. Thanks for all you did, Butch – we love
you.

And to you, the Peach Corps, our extended family for all these years…

Take care and know that you are loved,
Rowland and Lana

170125_rip-butchtracks

カテゴリー: 音楽 | タグ: | コメントをどうぞ

2016.6.24:深川K・居相BluesDuo、野毛875

大変遅くなってしまいましたが、2016年6月24日桜木町/875  での深川Kと居相BluesDuoのLiveの模様です。 http://www5a.biglobe.ne.jp/~detectiv/utamhanako1606.htm

深川・居相BluesDuo
桜木町は野毛、にぎわい座の方(野毛の場外の方といったほうが早いか)へ地下道からでて次ぎの通り
右に曲がり音楽通り:県立音楽堂へ至るので、を進んですぐ左側の洋食レストランの路地を曲がると
みつかります。(以前はLittleWingというお店だったと伺いました。
http://www.bar875.com/  

野毛875

B&SRにも書かれていますスカンクちかの さんも後からいらっしゃいましたが、今月もこちらの御店に出演されていますね。(彼は近くのBorderlineにもDJ等で出ています)

翌日の都合もあり、(勤めが東京であそこまでいくので)やはり一部で失礼しました。
但し、夜の8時に始める前には着いてるので、お話はできるし、余裕で写真も撮れるわけです。
国内かなりいろんなとこでやられています。その上、デカいので黒のドブロが小さくみれます。
それでSlideもやりますから。
ちょっと前にBorderlineでロイキさんとのLiveをみた時には、ロイキさん曰く、”お前も汚れてきた。
Bluesを唄えるようになった”と言っていました。深川さんの歌い方は日本語のは語りみたいです。
だから彼の曲をやってもシーンがみえてくる感じがする。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~detectiv/utamhanako1606.htm

深川 慶さんのサイト

http://www001.upp.so-net.ne.jp/kei-fukagawa/

深川さんの2ndがでたばかりで、この時のツアーは新曲もかなりありました。
この日の一部では 地獄(って予定表に書いてありましたが、正式名は地獄がよんでいる)、犬。
あとSpoonful(日本語で。愛のさじ加減)もやりました。Sky is crying等、英語も当然やります。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/kei-fukagawa/album.html

Harpの居相さんは、横浜近辺でやられる時にはいつも一緒です。Blowが強いので
印象が残ります。
居相さんのサイト、かなりいろんなLiveに係わっていられるんですね。
http://sound.jp/harpdog/home.html

現在、九州でツアーでこの寒い中、20日が桜木町です。(夜は雪でしょうか?)
予定をみてお近くでLiveがありましたら、ぜひ行ってみて下さい。

カテゴリー: 音楽 | タグ: | コメントをどうぞ