R.I.P.: J.Geils 1946.2.20-2017.4.11

J.Geilsバンドのギタリスト J.Geilsが4月11日Groton, Massachusettsの自宅で亡くなっているのが
発見されました。71歳でした。警察発表によれば自然死とのこと。

70年代中頃に日本でTVとFMでJ.Geilsバンドのフルハウスの頃のLiveを流したりしていて、
Looking for a Loveとか聞いて、(ずっとオリジナルはこっちだと思っていました。あのギターの三連がすきで、ボビーウーマック/ヴァレンティノスよりこっちの方が良かったので)あのハモンドで始まりVo,一気に曲に、よかったです。
いいノリのバンドだと思っていました。Voのピーターのよくわからない英語でぶったまげていましたが、
ワマージャマーとかはHarpistの課題曲みたいになった時期もあったように記憶しています。

80年にLove Stinksがでて、Come Backとか良い曲も多かったので、すぐ来日があって、厚生年金でみることができました。東京でみたLiveで単独バンドで一番長くやったのが彼らでした。アンコール5回以上やったのは彼らだけでしたから。アンコールの最初の曲で、J.Geilsが膝をついてギターもってでてきて、そこからまたまた演奏が始まったのを覚えています。 その後Blues TimeでHarpのマジックDickと来日したのですが、見れませんでした。ピーターのソロはQuatroで見れましたが、J Gilesバンドのグルーブはもうなかった。

バンドとしてはハードブギー、Blues、レゲエ、R&Rなどいろいろやってたのですが、80年代以降のセス(Key)が中心のPopな音造りが大受けしてしまったので、逆に好きだった、R&Bっぽい音は減ってしまったのが残念でした。

バンドの要としていろんなギターで、楽しませてくれた偉大なギタリストのご冥福をお祈り致します。本当に好きだったアーチストが逝ってしまわれることが多くて残念です。 合掌

Rolling Stone誌の記事
http://www.rollingstone.com/music/news/guitarist-j-geils-dead-at-71-w476279

日本語のNewsです。
https://www.barks.jp/news/?id=1000140788

Wikiより J Geils Bandの歴史など

https://ja.wikipedia.org/wiki/J%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89

広告

utamurakazuo について

(In Japanese) このBlogは以下のリンクにありますBlues写真館付属で以前は行われていましたものを新たにBlog化して継続したものです。Blues写真館のアップ、Blues来日、ローカル公演、その他の関連情報をアップしていきます。音楽好きな方々に見ていただければ幸いです。 http://www5a.biglobe.ne.jp/~detectiv/utamura.htm (In English) This Blog will be updated form the eyes of a music lover from Yokohama,Japan. You will click the above link and also see the photos of overseas and local Blues artists played in Japan.
カテゴリー: 音楽 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください